ホームタロットについて大アルカナ小アルカナ占い方

ミニタロット付き
書籍好評発売中!

タロットデッキ 全国の書店で発売中

マカロンタロットパッケージ

マカロンタロット


mixi


タロットについて

タロットのなりたち

タロットカードは大アルカナと呼ばれる22枚のメジャーカードと、
小アルカナと呼ばれる56枚のマイナーカードの計78枚で構成されています。

22枚の大アルカナは0番から21番まで、ものごとの成長段階を表す原型から作られ、
普遍的なテーマや象徴など、大きな出来事を占うことに適しており、
大アルカナ22枚だけで占うこともできます。

小アルカナは「スート」と呼ばれる4つの要素から成り、
エースから10までの数札に加え、ペイジ、ナイト、クイーン、キングと呼ばれるコートカード(人物カード)があり、トランプによく似た成り立ちをしています。
小アルカナはより具体的な細かい部分を占うことができます。

カップ・エース  ペンタクル・エース  ソード・エース  ワンド・エース
小アルカナの4種類のスートと意味(左から〜)
水【カップ(聖杯)】感情、愛情、感覚
土【ペンタクル(金貨)】物質、現実、実践
風【ソード(剣)】知性、情報、コミュニケーション
火【ワンド(棒)】情熱、意志、目的

................................................................................................................
ウェイト版タロットについて
19世紀、イギリスのゴールデン・ドーンという秘密結社に所属するアーサー・エドワード・ウェイト博士の指示により刊行されたタロットカード。
78枚すべてのカードが絵札であり、初心者からプロまで使われている世界で最もスタンダードなタロットカードです。多くのタロットの基になっています。
ウェイト版タロット - Wikipedia


マカロンタロットは主にウェイト版に描かれているシンボルをベースにしていますので、
タロットの基本的な知識があればすぐに扱うことが出来るでしょう。

................................................................................................................
マルセイユ版タロットについて
15世紀の終わり頃からフランスのマルセイユ地方で作られていた最も古いタロットカード。
小アルカナは数札になっており初心者には扱いがむずかしいと言われますが、

幾何学的な絵柄が美しく人気を誇っています。
こちらも世界を代表するスタンダードなカードです。
マルセイユ版タロット - Wikipedia
................................................................................................................


マカロンタロットの「8」「11」の構成について

魔術師   力   世界

この3つのタロットカード「1 魔術師」「11 力」「21 世界」にはマークが描かれています。
マカロンタロットは
「1」のつくカードにのパワーを集約させるため、
「正義」と「力」のカードはマルセイユ版と同じ構成になっています。